ドクターのご紹介  

         
   花田 美穂 
   
Hanada Miho
   専門科目:皮膚科  
       皮膚は『内臓の鏡』と称されますが、慢性の皮膚病は皮膚表面のみの治療では治りづらいものです。漢方薬で体全体を整えることにより、これまで治らなかった慢性皮膚病が軽快・治癒することが多くあるのです。
 
皮膚科専門医・アレルギー専門医として漢方専門医の立場から皮膚に関するお悩みに細やかに対応いたします。
 
特に、小児のアトピー性皮膚炎に力を入れて取り組んでいます。漢方薬を使って初期治療をしっかりすると、将来的にアレルギーマーチによる喘息もおこりづらくなります。横浜市立大学皮膚科アトピー専門外来での経験を生かし、丁寧に対応いたします。
 
じんま疹、乾癬、脱毛、赤ら顔、帯状疱疹後神経痛、にきび、加齢による皮膚症状(しみ、いぼ)、掌蹠膿疱症、皮膚腫瘍など、皮膚病全般にわたり御相談に応じます。

より健康に、より快適に。最高の質の漢方薬を使って、ひとりひとりの体質や症状にぴったりのオーダーメイドの処方で、病気の出にくい体作りを一緒にめざしましょう。

 
 
横浜市立大学医学部卒。山田享弘先生に師事。
日本皮膚科学会認定専門医。日本アレルギー学会認定専門医。

平成23年9月より金匱会診療所勤務。


担当曜日
第1,3,5木曜日(13:30〜16:30)